Kinari Online Shop

Kiln
キルン(電気炉) CMCのりcmc

CMCのりcmc

10g入り→25g入りに仕様変更して入荷しました。(2017.11.2)

ガラスを重ねたり、となり同士に並べて電気炉(キルン)で焼く際に、ガラスが熱で膨張して動かないよう仮止めしておくフュージング用の糊です。

お湯、または水に少量のCMC粉末を溶かしてのり状にして使用します。
CMC粉末はダマになりやすいので、レシピ通りに溶かしてください。

¥200+(税)16円


数量

前後のアイテム

エレポット用セラウール中ぶたcera-cover耐水ペーパーセットwa-paper01
  • シェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
CMCのりはパルプを原料として安全性が高く、また、焼成してものり痕がつきにくいのが特徴です。
ガラス同士の接地面に、液状にした少量のCMCのりを塗って固定します。
のりはあくまで仮止めなので、ほんの少しの量を塗ってください。(量が多いとのり痕の原因になります。)

*CMCのりの作り方
お湯または水10ccに対し、0.2gのCMC粉末をダマにならないよう少しずつ入れながらかき混ぜていきます。(お湯の方が溶けやすいです。)
cmc_sample01.jpg cmc_sample02.jpg
0.2gはティースプーンの先端にほんの少しすくう程度の量(だいたいでOK)。 1度に入れずるとダマになるので、少しずつふるい入れます。
cmc_sample03.jpg cmc_sample04.jpg
粉を入れながらよくかき混ぜます。 粉っぽさがなくなるまで、しっかり混ざったらOK。
よく混ざったらそのまましばらく置き、トロミのついた透明ののり状になれば使用できます。
cmc_sample05.jpg cmc_sample06.jpg
しっかり混ざると透明になります。 あんかけ程度のトロミがつけばOK。
作った濃度でテスト焼成を行い、のり痕がつくようでしたら、濃度をさらに薄めてご利用ください。

※水に溶かしたCMCは劣化しやすいので、冷暗所に保管し、なるべく早めに使いきってください。
CMCのりを頻繁に使わない場合は、作る量をレシピの半分、1/4などに減らしてのりを作成されると良いです。

【重量:約25g 成分:カルボキシメチルセルロース】
このページのトップに戻る

Copyright ©2001-2010 kinariglass Corporation. All Rights Reserved. 
有限会社 喜南鈴硝子 住所:〒669-2411 兵庫県篠山市辻924 TEL:079-556-3350